下駄 販売 通販 雪駄 鼻緒 女性 子供

携帯ページ

HOME»  店長日記»  コンテンツ

コンテンツ

  • 件 (全件)
  • 1

松永の下駄とは

 
松永の下駄とは
 

松永は本荘重政が、万冶3年(1660年)福山藩主に進言して干拓し、塩田を構築することによって出来た町です。

下駄作りが始まったのは明治11年頃と言われています。塩を炊く薪の中に燃やしてしまうにはもったいない大きな材木があり、それから下駄を作り始めたと言われています。それまでの「下駄は桐材」という概念を打ち破って、安い雑木を使うようになりました。作られ始めた頃は「アブラギ」という木が使用さえていましたが、この木が使われるようになったとしてふたつの説が言われています。


 
 丸山茂助説
 
松永で下駄屋を営んでいた茂助が、山陰の材木屋に下駄材を探しに行った所、家財具にも建築材にもならないアブラギというものがあり、肌は白く年輪もはっきりしないで桐材に似ているので下駄の材になるのではと気づき、しかも山陰には松永から塩を積んで船が行き、帰りは空船になるので これにつめば運賃も安くなる、原木も安くて材料費も格安になることから入れるようになった。

 
 尾道船問屋説
 
裏日本一帯から来る塩積船が往路の荷として、阪神方面へ材木を運んでいたが たまたまアブラギという木を積んだ船が尾道に入港、この材の向くところはないだろうかと船問屋に相談したところ「松永で下駄を作っているがその材とならないか」と提案され下駄屋に持ち込み試作したところ桐下駄に似たものが作られたので下駄に向くのならわざわざ大阪に運ばなくても松永に降ろして塩を積み込んだ方がいいと取引が始まった。
 

いずれにせよ、原木は桐に比べて安く運賃も塩の片荷とあって格安。製造工程も機械化され大量生産出来るようになり「安い大衆向きの下駄」として全国に普及しました。

その後材は色々と変わり、現在は米産のコットンウッドが使われています。

松永下駄の発展の要因として、
 ●海岸に位置するため原木の輸送に便利。
 ●塩浜の海水導入の為の水路が材木運搬に利用できる。
 ●塩浜で働く人の雨天・夜間の副業として人的資源が豊富だった。
 ●下駄が日用品で消費が激しかった。
以上のことが考えられます。

しかし、ピーク時は年間5千万を製造し全国シェア1位を誇っていた松永の下駄も生活様式の変化によりその需要が低下、近年ではさらに安い中国産におされ悲しいかな、町の下駄屋さんも少なくなってしまいました。

 
ページトップへ
 

折りたたむ

下駄のノウハウ

 
下駄のノウハウ
 
下駄の選び方
 

下駄には色々な型がありますが 柾下駄といわれる歯(はま)のあるタイプと右近下駄といわれる底にゴムが張ってあるタイプに大きく分けられます。特に決まりごとはなくお好きな型を選んで頂けます。サイズは M・L とあります。
※型によってはワンサイズの商品もございます。

目安としては、以下の通りにあります。(あくまでも目安です。)
 【女性】            【男性】
  M 22.5~23.5cm      M 24.5~25.5cm
  L 23.5~24.5cm      L 25.5~26.5cm

下駄は靴と違い、下駄の台からかかとの丸みが出るくらいがちょうど良いサイズです。 選ばれる下駄の幅やお客様の足の甲の厚みなどにより目安と異なる事がありますので、実際に下駄の台に足を置いて合わせてみられることをお勧めします。

柾下駄 特大サイズ9寸(27cm)、9寸5分(29cm)、1尺(30cm)あります。お問い合わせください。

 
ページトップへ
 
鼻緒がきつくて痛い
 

当店はお越し頂けましたら調節いたします。(無料です。)鼻緒の素材によってはすべりが悪く、馴染むまで緒ずれしやすい素材もあります。(ビニル・皮など)

ご自分でされる場合は、まず指でつまむ部分を引っ張って下さい。横緒も同じように引っ張ります。足を中まで入れずつま先でかるく前緒をつまむようにして履いてください。履いているうちに体重がかかって伸びてきます。鼻緒が堅く感じる場合は(型が崩れますが)もみほぐして下さい。
※激しくすると鼻緒が破れることがあります。ご注意ください。

 
ページトップへ
 
下駄がけずれた
 
下駄は消耗品です。木製品のため靴のように長持ちはしません。接地面がけずれてきます。底がゴム張りのタイプでもけずれます。履き方や使用頻度にもよって異なりますが、毎日履かれる方で1ヶ月~2ヶ月くらいで買い替え時期になります。
柾下駄は歯がなくなるまで、ゴム張りの下駄はゴムがなくなり木がけずれてペシャンコになるまで履けますが、けずれてきたら買い替え時です。
 
ページトップへ
 
鼻緒だけだめになった
 
昔買った下駄が出てきたが鼻緒がボロボロ。台はまだきれいなのに・・・。こんな場合でも大丈夫です。
鼻緒を立て変えていただければ、下駄はよみがえります。
 
鼻緒の立て方はこちら(PDF)
 

鼻緒の立て方を参照するには、Adobe Readerが必要です。
  Adobe Reader無償ダウンロードはこちら

 
雨の日に下駄を履かれますと鼻緒がやぶれることがあります。ご注意下さい。
濡れた場合は陰干しでしっかり乾かしてからお履きください。急激に乾かすと塗が割れたり、下駄がひび割れたりします。ご注意ください。
 
ページトップへ
 

折りたたむ

注文の流れ

 
オリジナル下駄 ご注文の流れ
 

お好きな下駄の台と鼻緒を選んで自分だけのオリジナル下駄を作ってみませんか?

当店の全ての下駄は、昔ながらの下駄屋スタイルで、全て店内で鼻緒をすげております。
直接お客様が試し履きをされて、納得されるまで鼻緒を調整いたしますので、「とても履きやすい」と喜ばれております。

お客様に満足していただける下駄の気持ちよさを対面販売だけでなく通信販売でも何とか伝えられないものかと、オリジナル下駄を提案させていただきました。

 
ご注文の流れ
 
1.下駄の台を決める。
 
お好きな下駄の台を選び、「買い物カゴ」に入れてください。
足のサイズ、甲の高さ、横幅を指定してください。
 
2.鼻緒を決める。
 
お好きな鼻緒を選び、「買い物カゴ」に入れてください。
 
3.ご注文を確定する。
 
買い物かご(ショッピングカート)よりご注文を確定し、[精算]ボタンをクリックしてください。
 
4.精算する。その他ご要望がございましたらお気軽にどうぞ
 
配達指定、その他のご要望がございましたら、ショッピングレジ画面で
入力いただき、お買い物を精算してください。
 
オリジナル下駄ご注文完了!
 
オリジナル下駄では下駄の台、鼻緒をそれぞれご注文ください。決まりはありませんので、ご自由にお選びください。
 
女性用の下駄に男性用の鼻緒、また男性用の下駄に女性用の鼻緒でも大丈夫です。お客様のセンスでコーディネートを楽しんでください。
 
オリジナル下駄の台のページ画面でお客様の足の特徴をお知らせください。
足のサイズ、甲の高さ、横幅などを指定してください。
足に合わせて鼻緒を調整いたしますので、お客様にぴったりの下駄が出来上がります。
 
完成した下駄のイメージがわからない方には、ご希望があった場合のみ、発送前に完成品の画像をメールで送信いたします。イメージと違った場合はキャンセルも受け付けます。
 
 
 
まだまだ種類は少ないですが、徐々に品数を増やし、素敵なオリジナル下駄を楽しんでいただけるよう頑張りますので、時々、当店のサイトを覗いてください。
 
ページトップへ
 

折りたたむ

店舗紹介

ごあいさつ


ようこそ松永下駄工房へ

下駄の本場、広島県福山市松永町で下駄の専門店として多くのお客様にご愛顧いただいております。
 
 

         
         
販売業者
松永下駄工房 有限会社
販売責任者
豊田 泰久
屋号
松永下駄工房
業務内容
下駄の販売
住所
〒729-0104 広島県福山市松永町4-26-33
TEL/FAX
084-930-0102/084-930-0103
営業時間
10:00~18:00
定休日
土日祝定休

アクセスマップ



折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1